オメガ3って1日にどれくらい摂ればいい?-オメガ3の摂取量-

オメガ3は1日にどれぐらい摂取すればいいのか、じつはこの点についてはまだハッキリとした目安が決められていない面もあります。一応厚生労働省では1日1000ミリグラムの摂取を推奨しているのですが、上限に関してはどの程度までなのか、はっきりとした目安が設けられていない段階です。

オメガ3の推定摂取量は一日1000ミリグラム

もともとこの脂質は必須脂肪酸ですから、不足しないことが大事なので目安量だけを設定していればとくに問題はないのかもしれません。

 

ですが健康・美容に役立つとのイメージからサプリメントなどで積極的に摂取するケースも増えており、不足だけでなく過剰摂取にも注意が必要になっており、どれぐらいの範囲内で摂取していけばいいのか、よく考えた上で摂取環境を心がけていく必要もあります。

 

厚生労働省では1000ミリグラムを1日の目安にしていると書きましたが、現代人のほとんどはこの基準をクリアしていないそうです。それどころか判断の500グラムにも達していない人が多いといわれており、不足が健康に少なからぬ影響を及ぼしているといわれています。

 

不飽和脂肪酸といえばリノール酸が多く含まれているオメガ6も有名ですが、現代人はオメガ6が過剰気味になる一方、オメガ3は不足しがちな傾向があるといわれています。

オメガ3の推定摂取量1000ミリグラムに対して・・・
40代までの男性で330ミリグラム/40代までの女性で230ミリグラム
70歳以上の男性で780ミリグラム/70歳以上の女性で600ミリグラム

年齢が高くなればなるほど摂取量は増えていきますが、それでも推定摂取量1000ミリグラムには遠い段階です。

 

過剰摂取には注意

こうしてみてもわたしたち現代人はもっと意識してオメガ3を摂取していく必要があるわけですが、では過剰摂取についてはどうでしょうか。

 

この点は冒頭でも触れたようにハッキリとした目安は設けられておらず、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)では1日2000ミリグラムまでを上限の目安に設定しています。

日本の研究機関によると・・・
3000ミリグラムまでなら健康・美容目的で摂取しても大丈夫との見解

現代人の平均摂取量から考えるとかなりの量となりますが、とりあえずこれくらいまでなら摂取しても深刻な問題が発生するリスクはない、と考えられるでしょう。

 

まずは不足している分を補えるよう、1日1000ミリグラムの摂取を目指すこと。

 

その上でサプリメントなどでたくさん摂取を心がけている人は過剰摂取に陥らないよう注意する。オメガ3の日々の摂取ではこれが基本的な形となりそうです。
魚油(オメガ3)サプリ口コミ人気ランキング>>

製薬会社の魚油(オメガ3)サプリ

佐藤製薬のEPA&DHA

オメガ3サプリEPADHAサプリ

圧倒的なDHA・EPA含有量!特許取得の小粒カプセルが飲みやすいサプリ
6,480円・税込/定期コース初回1,000円 2回目以降4,980円・税込
>>佐藤製薬の公式HPで詳しく見てみる!
大正製薬の「大正DHA・EPA」

オメガ3サプリEPADHAサプリ

個別包装や溶けやすいカプセルなど製剤技術を活かした大手製薬会社のサプリ
4,000円・税別/定期コース初回1,000円 2回目以降3,600円・税別
>>大正製薬の公式HPで詳しく見てみる!