EPAの効果・摂取量と副作用にはどんなものがある?

EPAとは

青魚に含まれる不飽和脂肪酸の1つ

オメガ3EPADHAサプリ選び方EPA効果働き特徴

EPAは青魚に豊富に含まれていることで有名な不飽和脂肪酸の一種です。

 

体内では合成することができず、つねに外から補い続ける必要がある必須脂肪酸でもあります。

 

日本人はもともと魚を多く食べてきた国民なのでこのEPAの摂取量も多かったと考えられています、

 

しかし食生活の変化、肉を多く食べる環境などによって不足しがちな傾向が見られるようになっています。

 

それが生活習慣病をはじめとした健康の問題の一因になっているとも言われています。

 

EPAとは
・植物油などに含まれているαリノレン酸を摂取すると体内でEPAに変化する
 →必ずしも魚を食べなければ補えないというわけでない

 

・体内でDHAの原材料として使われる

 

1990年代に医薬品成分として認定

オメガ3EPADHAサプリ選び方EPA効果働き特徴

この必須脂肪酸が健康の分野で知られるようになったのは1970年代のこと。

 

魚を多く食べる人たちの心筋梗塞のリスクが非常に低いことが判明したデータをきっかけにこのEPAの存在と効能が注目されるようになりました。

 

それ以降活発な研究が行われようになり、とくに魚を多く食べる日本ではさまざまな形で研究が進んできました。

 

1990年代に入ってEPAが医薬品の成分として認定されまず医療の分野で使用されるようになりました。

 

その後さらに健康食品としても配合されるようになり現在に至っているのです。

 

医薬品に頼らず高血圧対策が行える

特に21世紀に入って注目されている理由には現代社会が抱えている問題との関わりがあります。

 

注目されている効果

理由
血液をサラサラにし血栓を予防する効果

高血圧や動脈硬化などのリスクを抱える人が増加
→食生活の変化の影響だけでなく運動不足などの影響

免疫力の向上・調節効果 子供の花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギーの問題も指摘されている

 

このように現代人が抱えている悩みやニーズに応える部分があるからこそEPAが注目を集めている面があるのです。

 

医薬品に頼らず高血圧対策を行っていける点も大きなメリットですから、血糖値が高めで悩んでいる方、実際に食事制限などの治療を行っている方にといっては非常に魅力的な成分といえるでしょう。

 

ただ過剰に摂取すると副作用のリスクがあることや、魚で摂取する際にはできるだけ火を通さないで食べたほうが失われずに済むといった注意点もあります。

 

こうした点も踏まえながら賢く活用していくことになります。

 

EPAの効果とは

注目されているのは摂取量が減少している現れ

オメガ3EPADHAサプリ選び方EPA効果働き特徴

EPAがサプリメント成分として注目されている理由。

 

それには現代人が抱えている様々な健康の悩みに対する効果が期待できることが大きなポイントとして挙げられます。

 

逆に言えば現代人の食生活ではこの成分をしっかり摂取するのが難しいために、健康の問題を抱えやすくなっている面もあるのです。

 

このEPAは体内では合成できずコンスタントに外から補い続ける必要がある必須脂肪酸。

 

それだけに過剰摂取に注意しつつ必要な量を摂りつづけることが大事なのです。

 

効果

どんな点に役立つか

・血栓を防ぎ、血液をサラサラにする
・悪玉コレステロール(LDL)と中性脂肪を減らす

高血圧、高脂血症、動脈硬化など、現代人に増えている生活習慣病の予防・対策に役立つ
免疫力を調整・向上する

・ストレスや加齢などの影響で低下した免疫力を向上させる
 →風邪やインフルエンザ等のウイルス性の疾患や感染症のリスクを低下
・花粉症やアトピー性皮膚炎等のアレルギー性疾患の予防・改善への効果も期待

・アルツハイマー病の治療にも役立つのでは?(研究段階) DHAより劣るが記憶力の向上に役立つため
精神を安定させる効果 ストレスの蓄積、うつ病など精神面の問題を和らげ、情緒を安定化

 

さらに近年の研究ではガンの予防・治療への効果にも注目が集まっているところです。

 

花粉症の若年化が進んでいるだけに免疫力を調整する面も特に注目されています。

 

EPAがリポキシゲナーゼをはじめとしたアレルギー症状をもたらす酵素の働きを抑制するため、世代を超えて役立てられる機会が増えているのです。

 

記憶力向上で学習効率アップ

オメガ3EPADHAサプリ選び方EPA効果働き記憶力

記憶力の向上の点から見ると、EPAを摂取すれば頭がよくなるといったことはありませんが、

 

学習効率がよくなる、認知症の予防や子どもの脳の成長を促すといった効果が期待できます。

 

脳の血流をよくする働きもあるので脳梗塞や脳血栓を防ぐ効果も魅力です。

 

こうしてみてもEPAがいかに現代人の悩みに応える効果を幅広く備えているかがうかがえるのではないでしょうか?

 

子どもから高齢者まで、体の健康の悩みから美容、精神面の悩みを抱えている方まで幅広い層に役立ってくれる成分といえるでしょう。

 

EPAの摂取量と副作用

オメガ3EPADHAサプリ選び方EPA副作用

EPAは現代人が不足しがちな成分と言われています。

 

そのうえ高齢者の認知症の予防・改善や子どもの脳の成長を促す効果、さらにアレルギー症状を緩和する効果など…

 

現代人にとって非常の魅力的に映る効果を備えていることもあって積極的な摂取が求められている面もあります。

 

しかしあまり過剰に摂取してしまうと効果どころか副作用のトラブルに悩まされてしまうリスクもあるので注意しましょう。

 

EPAそのものの副作用、つまり正常に摂取しても体に問題をもたらすリスクに関しては報告されていません

 

ですから適切に摂取していれば問題なく健康に役立てていくことができます。

サプリで手軽に摂れるため過剰摂取になりやすい傾向が

その意味では安全な成分なのですが、サプリメントで摂取しやすい環境になっていること、

 

さらにもともとそれほどたくさんの摂取量を必要としていないこともあって知らず知らずのうちに過剰摂取に陥ってしまうことがあるので注意が必要なのです。

 

過剰摂取による副作用
血管をサラサラにする効果がデメリットになる場合がある:

 

・出血したときに血液が凝固しづらくなる問題を引き起こし、血がなかなか止まりにくくなってしまう

 

・吐き気や下痢といった副作用を引き起こしてしまう恐れがある

 

・低血圧の人や血圧を下げる薬を服用している人が摂取すると血圧が下がりすぎる
 →めまいや吐き気などのトラブルを抱えてしまう可能性が

 

オメガ3EPADHAサプリ選び方EPA副作用過剰摂取

EPAには血管をサラサラにして高血圧や動脈硬化を予防・改善する効果が備わっておりが備わっています。

 

そしてこれが現代人の生活習慣病のリスクを低下させる重要なポイントとなっています。

 

しかし過剰に摂取すると、この血液サラサラ効果が副作用の原因になってしまう場合もあります。

 

とくに血圧降下剤を服用している人がEPAのサプリメントを試してみようと思ったときには

 

必ず事前に医師に相談して問題がないかどうか確認しておきましょう。

1日3g以上の摂取で副作用のリスク増

なお1日の摂取量は1グラム程度が目安です。

 

3グラムを越えてしまうとこれまで触れてきた副作用が発症するリスクが増大します。

 

EPAの1日目安量を魚に換算すると
秋刀魚:1尾
マグロのトロ:2〜3切れ
缶詰:魚の種類問わず、大抵は1缶

 

オメガ3EPADHAサプリ選び方EPA副作用過剰摂取

こうしてみるとそれほどたくさんの摂取量を必要としているわけではないことが窺えます。

 

ですからサプリメントでEPAを摂取する場合には、食事で摂取した量との合計で3グラムを超えないかどうかを意識することが大事です。

 

サプリメントは手軽に栄養を摂取できるよい選択肢ですが、どうしても効果を早く実感したいと焦って過剰摂取に陥りがちです。

 

サプリメントだけで必要量を満たすのではなく、食事とうまく組み合わせながら適量を意識していく工夫を心がけたいところです。

製薬会社の魚油(オメガ3)サプリ

佐藤製薬のEPA&DHA

オメガ3サプリEPADHAサプリ

圧倒的なDHA・EPA含有量!特許取得の小粒カプセルが飲みやすいサプリ
6,480円・税込/定期コース初回1,000円 2回目以降4,980円・税込
>>佐藤製薬の公式HPで詳しく見てみる!
大正製薬の「大正DHA・EPA」

オメガ3サプリEPADHAサプリ

個別包装や溶けやすいカプセルなど製剤技術を活かした大手製薬会社のサプリ
4,000円・税別/定期コース初回1,000円 2回目以降3,600円・税別
>>大正製薬の公式HPで詳しく見てみる!