オメガ3・オメガ6・オメガ9の違いってなに?-オメガの種類-

「オメガ」とつけられた油分が注目されるようになっています。これは「不飽和脂肪酸」と呼ばれる成分の総称で、サラダ油やオリーブオイルなど私たちが日常生活の中で使用している油分の中に多く含まれています。

オメガは大きく3種類

なお、油の種類によって含まれている不飽和脂肪酸が異なるので毎日の食生活ではそのあたりの意識も必要になってきます。

 

ただ、不飽和脂肪酸は油にだけ含まれているわけではなく、他の食材でも摂取できます。

 

そもそも油にオメガ3やオメガ6が含まれているのもその原材料となる食材にもともと含まれているからです。

 

そんな不飽和脂肪酸には大きく分けてオメガ3、オメガ6、オメガ9の3種類があります。

 

それぞれの種類の特徴を知った上で食生活で摂取していけば健康・美容の両面でより効果的に役立てていくことができるのでしょう。

 

それぞれの違いは多く含まれている成分によってあらわれます。

種類によって特徴が違う

まずオメガ3はDHA、EPAといった成分が多く含まれており、老化対策に非常に優れた働きを備えています。

 

老化の原因となる活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用のほか、中性脂肪を抑える働きも備えています。

 

さらに善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを抑制する働きもあるので血糖値や血圧の調節など生活習慣病対策にも役立つ点が注目されています。

 

不飽和脂肪酸といえばまずこのオメガ3といってもよいでしょう。

 

オメガ6はリノール酸が多く含まれているもので、オメガ3と同じく老化対策と悪玉コレステロールを減らす働きに優れています。

 

ただ過剰摂取には注意が必要で、摂りすぎると善玉コレステロールまでも減らしてしまう恐れがあるほか、体質によってはアレルギー症状を起こしてしまうこともあります。

 

わたしたちが日常生活でよく摂取するサラダ油に豊富に含まれているため、油っぽい料理は避けて適量の摂取を心がけることが大事です。

 

食の欧米化などの影響でオメガ6の摂取量が増加しているともいわれているので注意したいところです。

 

オメガ9はオレイン酸が多く含まれているのが特徴です。

 

やはり老化対策と悪玉コレステロールを抑制する効果を備えています。なおこのオメガ9そのものが酸化しにくい特徴を備えているため、加熱して作る食材に使用すると持ちがよくなるという特徴も備えてはいます。

 

これら不飽和脂肪酸は健康によいといわれていますが、油で摂取する場合にはあくまで適量を踏まえて摂取していくことが大事です。

 

またオメガ3の場合は青魚など食材で摂取していくことも大事でしょう。

オメガの種類 多く含まれる成分 特徴・働き
オメガ3 DHA・EPA 抗酸化作用、中性脂肪を抑える、生活習慣病対策にも役立つ
オメガ6 リノール酸 老化対策、悪玉コレステロールの抑制(※過剰摂取に注意)
オメガ9 オレイン酸 老化対策、悪玉コレステロールの抑制、酸化しにくく熱に強い

魚油(オメガ3)サプリ口コミ人気ランキング>>

製薬会社の魚油(オメガ3)サプリ

佐藤製薬のEPA&DHA

オメガ3サプリEPADHAサプリ

圧倒的なDHA・EPA含有量!特許取得の小粒カプセルが飲みやすいサプリ
6,480円・税込/定期コース初回1,000円 2回目以降4,980円・税込
>>佐藤製薬の公式HPで詳しく見てみる!
大正製薬の「大正DHA・EPA」

オメガ3サプリEPADHAサプリ

個別包装や溶けやすいカプセルなど製剤技術を活かした大手製薬会社のサプリ
4,000円・税別/定期コース初回1,000円 2回目以降3,600円・税別
>>大正製薬の公式HPで詳しく見てみる!