オメガ3にはどんな働き(効果)がある?

オメガ3の働き【概要】

健康はもちろん、美容方面、さらには受験対策などでも注目される機会が増えているオメガ3。簡単に言えば脂質の一種ということになるのですが、脂質と言われてわたしたちが思い浮かべるイメージとはずいぶんと違った働きや特徴を備えています。

オメガ3は脂質の一種

脂質といえば太る、摂りすぎると動脈硬化の原因になるといったイメージが強い一方、たんぱく質、炭水化物と並ぶ3大栄養素のひとつとで欠かせない存在でもあります。

 

「脂肪」「油」と言われてどうしてもマイナスイメージを持ってしまうのは脂質の中でもとくに動物性脂肪に多く含まれている飽和脂肪酸によるものです。

 

食の欧米化の影響で肉の摂取量が増えた現代のわたしたちは飽和脂肪酸の摂取量が増えており、動脈硬化や高血圧といったトラブルのリスクを高めています。それに対してオメガ3は不飽和脂肪酸に分類される脂質の一種です。

 

この不飽和脂肪酸にはほかにもオメガ6、オメガ9といった種類があり、どれも中性脂肪やコレステロールを下げる働きを備えています。

 

動物性脂肪とはちょうど逆の働きがあるわけです。そのため先にあげた高血圧や動脈硬化など血液がドロドロになってしまった状態を改善するのに役立ちます。

神経細胞や視神経を促す

さらにオメガ3には細胞の働きを活性化させる働きもあります。

 

オメガ3にはDHAやEPAといった種類がありますががこれがよく「摂取すると頭が良くなる」などと言われるのも脳内の神経細胞を活発にする働きがあるからです。

 

しかも子供の頃には脳の発達にも深く関与するほか、老化による脳細胞の減少がもたらす認知力、記憶力の低下の予防にも役立ちます。脳機能の低下を防ぐ際にも活用できるわけです。

 

同じように細胞を活性化させる効果では視神経の働きを促す働きも期待できます。

 

長時間のデスクワークやSNS、スマホなどで目を酷使する機会が多い現代人にとってはこの働きの重要性が高まっているともいえます。

女性の悩みに広く働きかける

美容方面で注目されている背景には女性ホルモンを調節する働きがあります。

 

女性ホルモンは月経周期を正常に維持するほか、自律神経の維持、セラミドやコラーゲンといった健康な肌を維持するのに欠かせない成分の分泌なども司っているため、オメガ3の調節効果は美容はもちろん、女性ならではの悩みに広く働きかけてくれるのです。

 

体の老化対策に欠かせない抗酸化作用もあり、まさに年齢や性別に関わりなく現代人に求められている成分といってもよいでしょう。

 

多くの現代人は1日の必要摂取量の半分も摂れていないともいわれていますから、食事はもちろんサプリメントもうまく活用しながら摂りいれていきたいところです。

 

《オメガ3の働きのまとめ》

オメガ3働きまとめ

  • 中性脂肪やコレステロールを下げる働きを備えている
  • 認知力や記憶力の低下の予防にも役立つ
  • 視神経の働きを促す働きも期待
  • 女性ホルモンを調節する働きがある
  • 老化対策に役立つ抗酸化作用も備わっている

 

魚油(オメガ3)サプリ口コミ人気ランキング>>

オメガ3で頭が良くなる?-オメガ3と脳のお話-

オメガ3を摂取すれば頭が良くなる!と言われるとちょっと胡散臭いと思う方も多いかもしれませんが、実際にそうした面も備えています。受験シーズンに親から青魚をたくさん食べるように言われた経験がある方も多いのではないでしょうか。

オメガ3は頭の働きを高める

もちろん、青魚や亜麻仁油でオメガ3をたくさん摂取したからといって急に成績がよくなる、仕事で成果を出せるようになるといった魔法のような効果はありません。

 

ただ頭の働きを活発化することで勉強・作業の能率を高め、成績や成果をアップさせるのに役立てられるのです。

 

「日ごろ勉強している人がオメガ3を摂取すると結果が出やすくなる」という意味での「頭が良くなる」といったところでしょうか。

 

ではどうして頭の働きが活発化するのか?それにはオメガ3が持っている細胞の働きを活性化する働きが鍵を握っています。

 

脳内には140億以上とも言われる神経細胞が存在しています。ニューロンやシナプスといった名前を聞いたことがある方も多いはずです。これらの神経細胞が五感から脳に伝えられた膨大な情報を処理しているのです。

 

オメガ3はこれら脳内の神経細胞の働きを活発化させることで情報伝達を行うネットワークを強化することができます。

 

つまりたくさんの情報をより効率よく処理することができることで記憶力や認知力、思考力といったものを高めることができるわけです。

 

加齢で脳機能の低下させることも

こうした脳の働きを活性化する働きは認知症やアルツハイマー病といった病気の治療にも役立つのではないかと期待されています。

 

脳内の細胞の数は35歳くらいを機会に減少に転じて以後は1日10万個ものペースで減少していきます。

 

オメガ3の抗酸化作用でこの減少を抑えるだけでなく、残った細胞の働きを活性化することで認知力や記憶力の低下を防ぐことができるのです。

 

つまり「頭が良くなる」だけでなく「頭が働かなくなってしまうのを防ぐ」面も持ち合わせているわけです。

 

この脳とオメガ3との関係は現在でも研究が進められており、それによると脳内にはつねに20パーセント以上のオメガ3が必要でそれを維持できていないと脳の機能が低下してしまうとされています。

 

わたしたち現代人は魚の摂取量が減っていることもあってオメガ3が不足がちです。

 

日々の生活の中でうまく補っていけるかどうかで脳の働きに大きな影響を及ぼす可能性があるわけです。

 

さらにオメガ3のうちDHAは子供の脳の発達にも関与するといわれており、成長期にオメガ3をしっかり摂取できるかどうかで脳の働きがどれだけ活発になるかが左右されるとも言われています。

 

お子さんがいる親御さんはこの点も注意しておきたいところです。

《オメガ3で頭が良くなる理由》
オメガ3は脳内の神経細胞の働きを活発化させる働きがある
⇒記憶力や認知力、思考力を高めることができる
⇒認知症やアルツハイマー病といった病気の治療にも役立つ
⇒認知力や記憶力の低下を防ぐことができる

 

オメガ3で視神経の活性化!-オメガ3と目のお話-

オメガ3には目の健康への働きもあり、現代人が抱えやすい疲れ目や視力低下といったトラブルの改善にも役立ちます。

オメガ3は目のトラブルにも働く

インターネットの普及はそれまでとは比較にならないほど便利な社会を生み出しました。

 

わたしたちはその恩恵を毎日の生活の中で得ており、もはやネットなしには考えられない環境にもなっています。

 

しかしその一方で長時間のデスクワーク、プライベートでもSNSやネットゲーム、さらにスマホなどで目を酷使する機会が増えています。

 

1日何時間もパソコンのモニターを見続ける生活を送っている人も多く、視力低下やドライアイといったトラブルを起こしやすくなっているのです。

 

オメガ3にはこうした目のトラブルに対して幅広い働きを備えています。まず視力回復では細胞を活性化する働きが役立ちます。

 

オメガ3を摂取すると頭がよくなる、といわれることもありますが、それも脳内の神経細胞の働きが活性化させるためだといわれています。

 

脳にしろ、目にしろ機能を維持するために非常に複雑な神経細胞のメカニズムが築かれています。老化や疲労が進むとこれらの神経細胞の機能が低下し、視力低下や記憶力・認知能力の低下といった問題が起こるわけです。

 

視神経の活性化やドライアイにも

オメガ3は網膜にある視神経の働きを活性化することで視力の改善に役立つのです。

 

もう少し具体的に言うと活性化された神経細胞が目から入ってきた情報を素早く効果的に処理することができるようになります。そのためものが見えやすくなるだけでなく動体視力の向上も期待できるのです。

 

もうひとつ、現代人に多いドライアイへの働きかけもオメガ3の大きなメリットです。

 

オメガ3には涙の分泌を促し角膜の状態を軟らかく保つ働きがあります。ドライアイは角膜から水分が失われることで乾燥するのが主な原因です。

 

パソコン画面のような長時間瞬きをせずに凝視する環境を続けていると起こりやすくなりますが、オメガ3はそうした問題の改善にも役立つのです。

 

医療の分野でもこの点が注目を集めており、眼科で視力回復の一環としてEPAを処方するケースも見られています。

 

このようにオメガ3は現代人が陥りやすい視力低下や目のトラブルに役立つ働きが備わっています。ネット時代、スマホ時代の今だからこそ求められる成分といってもよいでしょう。

 

なお、老化の進行によって起こるといわれている加齢性黄斑変性症にもオメガ3が改善に役立つのではないかとの研究結果も出ており、目の健康との関係は今後の研究の進歩によってますます深まっていくことも期待されています。

《オメガ3で目の健康を保てる理由》
オメガ3は網膜にある視神経の働きを活性化させる働きがある
⇒視力の改善や動体視力の向上も期待できる
⇒涙の分泌を促し角膜の状態を軟らかく保つことでドライアイへも働きかける
⇒加齢性黄斑変性症の改善にも役立つのではないかと効果が期待されている

 

オメガ3で血液サラサラ!-オメガ3と血糖値・血圧のお話-

青魚などに含まれるオメガ3が注目を集めるようになった理由のひとつが血液をサラサラにする働きです。

オメガ3は血液の悩みの改善に役立つ

現代社会では血液がドロドロになってしまっている人が多く、高血圧や動脈硬化といった生活習慣病の原因となるだけでなく、血行不良による肌トラブル、さらに疲れやすさといったさまざまな問題を引き起こすことになります。

 

オメガ3にはそうした現代人に見られやすい血液の悩みの改善に役立つのです。

 

血液がドロドロになってしまうおもな原因は血中の中性脂肪とコレステロール値の増加です。

 

メタボ検診でも必ずこの2つの数値が調べられますが、動物性脂肪が多い食事や添加物が多く使用されているインスタント食品、ジャンクフードなどを多く食べているとこの2つの数値が上昇し、ドロドロになってしまいやすくなります。

 

加えてお酒の飲みすぎや運動不足も原因とされています。お酒の飲みすぎで肝臓に負担をかける生活を送っていると食事に含まれる脂質や糖分を肝臓で処理しきれず、血液中の濃度が高くなってしまうのです。

 

オメガ3にはこうした事情で濃度が高くなった中性脂肪とコレステロールを減少させる働きがあります。

 

オメガ3といえばDHAとEPAの2つが有名ですが、とくにEPAの方が血液をサラサラにする働きに優れているといわれています。

血管細胞を柔らかくする働きも

また、オメガ3には細胞膜を柔軟にする働きがあります。血管の細胞の柔軟性を高め、軟らかくしなやかな状態にすることによって血液の流れを改善することができるのです。

 

年齢を重ねると血液がドロドロになるだけでなく血管が硬くなり、流れが悪くなってしまうのでますます血行不良を起こしやすいリスクを抱えています。

 

オメガ3はこうした働きで血糖値・血圧を安定させるのに役立つのです。

 

加えてEPAには血小板が血液内で固まってしまうのを防ぐ働きもあります。こちらは動脈硬化の大きな原因ともなる血栓を予防するのに非常に優れた役割を発揮してくれるでしょう。

 

なお、同じ不飽和脂肪酸のオメガ6にもコレステロール値を下げる働きがありますが、こちらは現代の日本人は過剰摂取の傾向があるので注意が必要です。体質によってはアレルギー症状の原因となることもあるからです。

 

こうした血液をサラサラにする効果は脳内の血液循環を改善することで頭の働きをよくするといった働きも期待できます。

 

血液がドロドロにならないためには脂質の摂取はなるべく避けた方がよいのは事実ですが、しそ油や亜麻仁油、えごま油といったオメガ3が豊富に含まれている油は逆に血行不良の改善に役立ちます。

 

もちろん適量の摂取が大前提ですが、生活習慣病対策から美容目的まで、血液への働きも意識しながら摂取してみましょう。

《オメガ3で血液がサラサラになる理由》
オメガ3は濃度が高くなった中性脂肪とコレステロールを減少させる働きがある
⇒細胞膜を柔軟にすることで血液の流れを改善することができる
⇒血糖値・血圧を安定させるのに役立つ
⇒オメガ3の中でもEPAには動脈硬化の原因ともなる血栓を予防するのに優れている

 

オメガ3で美肌への働き!-オメガ3と女性ホルモンのお話-

油といえば女性にとってはダイエットの大敵になるだけでなく皮脂の分泌量を増やすなど美容に悪影響を思してしまうイメージが強いものです。

オメガ3は女性ホルモンの問題を改善

こうした油のマイナスイメージはおもに動物性脂肪によって築かれたもので、じつは油の中には美容のために摂取した方がよいものもあります。

 

それがオメガ3です。

 

オメガ3の美容の働きといえば血行を促し、老化に対する働きが有名ですが、じつはもうひとつ、女性ホルモンのバランスをコントロールを働きもあるのです。

 

女性の半生に重要な影響を及ぼすといっても過言ではない月経周期はエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンがバランスを保つことでなりたっていますが、食生活や生活習慣、さらには加齢などの影響でバランスが崩れやすくなります。

 

オメガ3にはこうした女性ホルモンの問題を改善するのに役立つのです。

 

このオメガ3は摂取するとホルモンバランスの調節に役立つというよりもむしろ不足することで月経不順などの影響を及ぼす方が現代社会では大きな問題となっています。

 

厚生労働省による1日のオメガ3の摂取量の目安は1000ミリグラムと設定されているのに対し、40代までの女性の平均摂取量はそのわずか4分の1程度といわれており、慢性的に不足している状況なのです。

 

ただでさえオメガ3は体内では合成できずにつねに外から補い続ける必要がある必須脂肪酸、この不足がホルモンバランスにも影響を及ぼしてしまうのです。

 

美肌成分の生成をコントロール

美肌との関係ではエストロゲンの減少がとくに重要です。

 

この女性ホルモンにはコラーゲンやセラミドといった美肌に欠かせない成分の生成をコントロールする働きがあり、不足するとこれらの成分の生成量までも減少してしまいます。

 

加齢による肌の衰えにホルモンバランスの問題による肌環境の乱れが加わることでシミやシワ、たるみといったトラブルが起こりやすくなるのです。

 

またオメガ3をはじめとした脂質はエネルギーの源です。そのため不足するとエネルギー不足によるホルモンバランスの乱れも生じます。

 

月経前になると急に食欲が増してしまう人もいますが、それは脂質の不足によるエネルギー不足を補うための体の反応であることも多いのです。月経が訪れるたびに食欲が増して食べ過ぎてしまうような生活が続くと肌にももちろんよくありません。

 

オメガ3が十分に足りている人は健康的な肌や毛髪を維持でき、生理痛も起こりにくいといわれています。

 

肌の不調はもちろん、月経不順に悩まされている方も「健康な油」のオメガ3の摂取を検討してみてはいかがでしょうか。

《オメガ3で美肌を保てる理由》
オメガ3には女性ホルモンのバランスをコントロールを働きがある
⇒美肌に欠かせないコラーゲンやセラミドの生成をコントロールする
⇒健康的な肌や毛髪を維持することができる
⇒生理痛も起こりにくくなる

 

オメガ3で花粉症対策!オメガ3とアレルギーのお話-

オメガ3のさまざまな働きが注目されていますが、とくにここ数年の間に期待が集まるようになっているのが花粉症をはじめとしたアレルギー対策への働きです。

 

オメガ3を積極的に摂取することでアレルギー体質を改善できるのではないか、といわれているのです。これはアレルギーに悩む人が増えているという現代社会の状況と、オメガ3に関する研究が進歩したことから注目を集める機会が増えています。

アレルゲン反応を抑制する

アレルギーとは免疫機能が何らかの原因によって異常な働きを見せてしまうことです。

 

本来体に害をもたらす異物ではないものに対して免疫機能が過剰に働いて排除するための抗体を作り出すのです。

 

花粉症をはじめとしたアレルギー症状を抱える人が年々増えているといわれ、さらに低年齢化が懸念されていますが、それも単に花粉やハウスダストといったアレルゲンの増加だけでなく、免疫機能の低下が一因としてあると考えられているのです。

 

オメガ3にはそんな体内の免疫機能を強化・正常化し、アレルゲンに対して過剰な反応を示してしまうのを防ぐ働きがあることが明らかになっています。

 

たとえば花粉症やアトピー性皮膚炎といった炎症はプロスタグランジンという物質が過剰に生成されるのが大きな原因のひとつとなっていますが、オメガ3のひとつ、EPAにはこの物質の量を低下させる働きが備わっているのです。

 

さらにこのプロスタグランジンが作られる際に原材料となるアラキドン酸という物質の働きを抑制する働きもあるため、花粉症などのアレルギー症状を根本から防いでいくことができるのです。

 

アレルギー症状対策にも期待

また、アレルギーは年齢を重ねるにつれて悪化していく傾向も見られます。

 

これは老化によって免疫力が低下することが大きな原因で、若い頃は接触したり食べても何の問題もなかったものがある年齢に達すると急にアレルギー症状が起こるといったケースもあります。

 

オメガ3にはこうした加齢がもたらすアレルギー症状にも働きが期待できます。

 

美容方面で注目されているようにオメガ3には老化を防ぐ抗酸化作用も備わっており、老化の進行を防ぐことによって若々しい体作りだけでなく、免疫機能の維持も図ることができるのです。

 

現代人はオメガ3の摂取量が不足がちといわれており、厚生労働省が推奨している1日の摂取量(1000ミリグラム)の半分も摂取できていないといいます。

 

もともと摂取が欠かせない必須脂肪酸ですから、摂るとアレルギーに役立つというよりも不足しているからアレルギーが起こりやすくなっている、というくらいの意識で摂取を心がけるべきなのかもしれません。

《オメガ3で花粉症・アレルギー対策ができる理由》
オメガ3には体内の免疫機能を強化・正常化する働きがある
⇒花粉症やアトピー性皮膚炎の原因のひとつである物質の量を低下させる
⇒花粉症などのアレルギー症状を根本から防いでくれる
⇒加齢がもたらすアレルギー症状にも働きが期待できる

魚油(オメガ3)サプリ口コミ人気ランキング>>

製薬会社の魚油(オメガ3)サプリ

佐藤製薬のEPA&DHA

オメガ3サプリEPADHAサプリ

圧倒的なDHA・EPA含有量!特許取得の小粒カプセルが飲みやすいサプリ
6,480円・税込/定期コース初回1,000円 2回目以降4,980円・税込
>>佐藤製薬の公式HPで詳しく見てみる!
大正製薬の「大正DHA・EPA」

オメガ3サプリEPADHAサプリ

個別包装や溶けやすいカプセルなど製剤技術を活かした大手製薬会社のサプリ
4,000円・税別/定期コース初回1,000円 2回目以降3,600円・税別
>>大正製薬の公式HPで詳しく見てみる!