魚油(オメガ3)サプリ口コミ人気ランキング

佐藤製薬のEPA&DHA

圧倒的なDHA・EPA含有量!特許取得の小粒カプセルが飲みやすい

オメガ3サプリEPADHAサプリ

サプリというとどうしても粒の大きさが気になって、抵抗がありました。こちらのサプリはとても小粒で魚嫌いの中学生の子供たちにも飲ませやすいです。もちろん食事からの栄養摂取は基本ですが、魚嫌いが直るまでは家族で続けていきたいですね。

大手製薬会社のDHA・EPAサプリです。一包750mgという他メーカーにはないDHA・EPAの配合量が特徴です。特許を取得した継ぎ目がない小粒のサプリで飲みやすく、溶けるスピードも従来品の2倍の速さ。アルミパックの個包装なので飲む直前まで酸化を防ぎます。製薬会社ならではの質の高さに安心して続けられるとリピーターの多いサプリです。
6,480円・税込/定期コース初回1,000円 2回目以降4,980円・税込
公式HPへ

大正製薬の「大正DHA・EPA」

個別包装や溶けやすいカプセルなど大手製薬会社ならではの製剤技術

オメガ3サプリEPADHAサプリ

DHA・EPAが600mgも含まれているのに、コスパ良い価格の「大正DHA・EPA」に出会い飲み続けています。毎日DHA・EPAを摂るようになって、スッキリとした1日を過ごせています。もう「大正DHA・EPA」が欠かせません。

DHA・EPAが一日一袋で合わせて600mgも摂取できる高配合量サプリです。原料のカツオは鹿児島県・枕崎港で水揚げされたものを厳選しています。製薬会社ならではの製剤技術で溶けやすく、飲みやすいソフトカプセルや、酸化を防ぐアルミの個別包装など、技術と品質の高さが感じられるサプリです。
4,000円・税別/定期コース初回1,000円 2回目以降3,600円・税別

公式HPへ

やわたのDHA&EPA

国産カツオから抽出した高濃度なDHA配合!原料にもこだわりが

オメガ3サプリEPADHAサプリ

1日2粒だけなのに、たっぷりDHAとEPAが入っているのが嬉しいですね。DHAの酸化防止のために入っているサージは体にもいい成分なんですよ。それも気に入って、やわたのDHA&EPAを選びました。飲み始めて3ヶ月経ちましたが、なんだか目覚めがスッキリ朝から元気に動けますよ。

鹿児島県枕崎港で水揚げされた鰹から、独自製法で抽出したDHAを配合したサプリです。生命力の強い果実サージとビタミンEが、DHA・EPAを酸化からガードし、効率よく有効成分を摂取できるのが特徴です。1日2粒でOKという手軽さと続けやすい価格が人気のサプリです。
2,160円・税込/定期コース2,052円・税込
公式HPへ

さくらの森 きなり

ドロドロ対策に!アスタキサンチンも配合され美容対策にも!

オメガ3サプリEPADHAサプリ

指摘された中性脂肪対策に。このきなりのネーミングとかわいいパッケージは持ち歩いても全然恥ずかしくありません!最近では階段で息を切らすことが少なくなりました!血液の環境が改善しつつあるのでしょうか?今後も楽しみです。

DHA・EPAだけでなく、サラサラ酵素とも呼ばれるナットウキナーゼや、DHA・EPAの吸収率を高めるクリルオイルという魚油など、気になるドロドロ血液や中性脂肪対策に活用したい成分が配合されているのが特徴です。美容成分としても有名なアスタキサンチン配合で、健康と美容の両面に働きかけます。
5,695円・税別/定期コース初回1,980円・税込 2回目以降3,790円・税別
公式HPへ

 

※各商品の感想は公式HPまたはレビューサイトの一部を抜粋させて頂きました。それぞれ利用者の感想であり効果を保証するものではありません。
※価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

そもそもオメガ3ってなに?-オメガ3とは-

オメガ3とは不飽和脂肪酸の一種です。「健康によい油」とも言われており、ダイエットや美容などにも活用されています。油といえば太る、体によくないといった印象がありますが、そんな印象を改め、日々の健康対策に役立てていける油ということになります。

飽和脂肪酸とは正反対の性質を持つ

現代人は脂質が過剰摂取ぎみといわれています。

 

近年急速に増えている糖尿病や高血圧、動脈硬化といった生活習慣病も脂質の摂りすぎが背景にあるといわれています。

 

こうした生活習慣病を引き起こす脂質は動物性脂肪に代表される飽和脂肪酸と呼ばれるもので、血液内で固まることでドロドロの状態にしてしまい、血行を滞らせるとともに血圧の上昇や中性脂肪・コレステロールの増大をもたらしてしまいます。

 

それに対してオメガ3をはじめとした不飽和脂肪酸には逆に血液をサラサラにし、中性脂肪やコレステロール値を避ける働きがあるのです。脂質でもまったく正反対の性質を持っているわけです。

 

なおこのオメガ3は必須脂肪酸でもあり、体内では合成できないためつねに食事などで外から補い続ける必要があります。脂質はもともと炭水化物、たんぱく質とともに3大栄養素といわれていますが、まず十分に摂取する環境が求められるわけです。

 

脂質ですから油に多く含まれており、しそ油、亜麻仁油、えごま油などでとくに効果的に摂取することができます。

 

わたしたちが日常の食生活でよく使用しているサラダ油は同じ不飽和脂肪酸のオメガ6が含まれていますが、オメガ3を摂取するにはあまり向いていない面もあります。

 

食べ物ではマグロやサバといった青魚に多く含まれているのが特徴で、ほかにも緑黄色野菜や豆類でも摂取が可能です。

 

オメガ3は認知症対策にも効果的

オメガ3の最大の特徴は細胞の働きを活性化する働きを備えていることです。

 

「頭がよくなる」「視力がよくなる」などといわれるのも情報を伝達する機能を担っている細胞の働きを活性化するからだといわれています。

 

脳や目に入ってきた情報をすばやく処理することができるわけです。これが受験生の学業から認知症対策にまで幅広く役立ってくれると期待がもたれています。

 

この点はまだ研究が進んでいる段階で今後さらにその働きが明らかになっていくのでは、とも言われています。

 

このようにオメガ3は脂質の中でもとくに健康への役割が大きく、日々の生活の中でぜひとも摂取していきたい特徴を備えています。

 

もちろん脂質なので過剰摂取には注意が必要ですが、動物性脂肪を抑えつつ、こちらの脂質をうまく摂りいれていく工夫をしてみましょう。

 

《オメガ3の特徴のまとめ》

オメガ3とは 不飽和脂肪酸の一種
不飽和脂肪酸の働き 血液をサラサラにする働き、中性脂肪やコレステロール値を下げる働き
オメガ3が含まれている油 しそ油、亜麻仁油、えごま油
オメガ3が含まれている食材 マグロやサバといった青魚、緑黄野菜、豆類
オメガ3最大の特徴 細胞の働きを活性化することで認知症対策にも効果が期待

魚油(オメガ3)サプリの失敗しない選び方

オメガ3は青魚や亜麻仁油など食生活で摂取していくこともできますが、現代人は1日の摂取量の目安を食生活の中で十分に摂取できていないといわれています。それだけに食事だけでなくサプリメントもうまく活用しながら摂取していく環境づくりを心がけたいものです。

記憶力にはDHA、血管環境にはEPA

そんなオメガ3サプリメント選びではまず含有量をチェックしてみましょう。

 

厚生労働省が定めた1日の摂取量の目安は1000ミリグラム。それに対して日本人の平均摂取利用は1日500ミリグラムにも満たないとも言われています。

 

ですから500ミリグラム以上くらいは摂取できるサプリメントが欲しいところです。サプリメントだけで1日の摂取量を満たせるものがあればそれもありでしょう。

 

またオメガ3サプリメントはそのほとんどが脳の働きを活性化するDHAと血液をサラサラにするなど血管の環境を良くするEPAが配合されています。

 

どちらもオメガ3の基本的な働きを備えていますが、それぞれの成分がどれだけ配合されているのかも詳しく見ておきましょう。

 

DHAを多く摂取した方がいい人

⇒記憶力や認知力を向上させたい人
⇒学習・仕事の能率をアップさせたい人

EPAを多く摂取した方がいい人

⇒高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を予防・改善したい人
⇒美容目的で血行改善を目指したい人

 

それぞれの比重の配合比率を細かくチェックしてみるとよいでしょう。

成分の組み合わせも重要

他の配合成分との組み合わせやバランスにも目を向けておきましょう。

 

多くのオメガ3サプリメントではオメガ3だけが配合されているのではなく、他の有効成分も一緒に配合されています。

 

その配合成分によってサプリメントのメリットが違ってくるのです。

 

そのサプリメントがどんな働きを目的に作られているのかをよく確認したうえで組み合わせを見ていくようにしましょう。

 

ホルモンバランスの調節

美肌目的

大豆イソフラボンとのカップリングがおすすめ

健康のための老化対策

美容目的のエイジングケア

セサミンとのカップリングがおすすめ

 

自分がオメガ3に何を求めているのか、そして同じ働きを持つ成分が合わせて配合されているか、世間の評判だけでなく自分なりの価値観で選んでいくことが大事です。

 

あとは価格や風味。長く継続して飲み続けるのが原則ですから、経済的な負担が少なく、無理しなくても服用を続けられることが大前提です。多様な働きを持っているからこそ、サプリを選ぶ際にはいろいろな配慮が必要になります。

更新履歴